「インド洋アフリカ諸国におけるサンゴ礁漁業に依存する漁業コミュニティの強靱性の向上を通じた生計,食料安全保障及び海上保安の強化計画」

2020/2/10
 2月6日、日本政府が国連食糧農業機関(FAO)を通じて支援する「インド洋アフリカ諸国におけるサンゴ礁漁業に依存する漁業コミュニティの強靱性の向上を通じた生計,食料安全保障及び海上保安の強化計画」のモーリシャスでのプロジェクト開始式が行われました。
 この協力は、ケニア,コモロ,セーシェル,マダガスカル及びモーリシャスのインド洋アフリカ諸国5か国に対して行われています。違法・無報告・無規制漁業(IUU漁業)対策のための機材供与やトレーニングを通じて、海上保安の向上と漁業従事者の収入向上や食料安全保障に貢献することが期待されます。
 
インド洋アフリカ諸国に対する水産資源管理向上のための支援(https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_007729.html)
加藤大使によるスピーチ
参加者との記念撮影

Get Adobe Reader(別ウィンドウで開く)Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAdobe Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。