2022年7月1日以降のモーリシャスにおける国内措置および入国措置に関する発表

2022/7/1
【モーリシャスにおける国内措置】
6月28日、ジャグナット首相は2022年7月1日以降のモーリシャス国内の措置緩和を以下のとおり発表しました。
 
1.有効期間
 2022年7月1日以降
 
2.緩和された措置
 ・一部病院等を除く公共の場所におけるマスク着用の必要なし
 ・公私における人の集まりにおける人数制限なし
 
3.引き続き求められるマスク着用に関する措置
 (1)マスク着用が義務である場所
  ・病院
  ・私立クリニック
  ・私立医療相談所
  ・歯医者を含む医療施設
  ・老人ホーム
  ・障がい者施設
  ・空港
 
 (2)マスク着用が推奨される人・場所
  ・60歳以上の方
  ・合併症をお持ちの方
  ・呼吸器官や熱、咳の症状がある方
  ・密閉された場所、密接する場所、密集する場所
 
今回の措置に関する政府広報(GIS):
(ホームページ)https://govmu.org/EN/Pages/NewsDetails.aspx?n=Mauritius-to-ease-COVID-19-restrictions-as-from-1st-July-2022.aspx
(フェイスブックページ)https://www.facebook.com/107005147753802/posts/pfbid02EXD7HUnmatewYrxbgQcTBtK7iaK5KQ2Wr8oe2GmJy7RcNyDipL137n8ANp43fy2il/?d=n
 
【モーリシャスにおける入国措置】
7月1日、モーリシャス政府は、ワクチン接種状況にかかわらずモーリシャスへの全渡航者に対し、到着時の検査を求めないと発表しました。

ただし、出発前7日間に新型コロナウイルスに感染した場合は、モーリシャス行きの便への搭乗は許可されません。
 
その他モーリシャスへの入国措置等の詳細は、以下のモーリシャス観光推進局のウェブサイト及び当館ホームページを御参照ください。
Mauritius Now: https://mauritiusnow.com/
モーリシャスにおける対策:https://www.mu.emb-japan.go.jp/itpr_ja/covid-19.maurice.html