南アフリカ航空機墜落事故30周年慰霊(2017年12月2日)

2017/12/4
大使ご挨拶
献花
12月2日午前、加藤大使は南アフリカ航空機墜落事故の犠牲者の慰霊のため、ベル・マールにある慰霊塔を訪れ、在留邦人、大使館員らと共に献花、お焼香し、黙祷を捧げました。
ちょうど30年前の1987年11月28日、南アフリカ航空機295便がモーリシャスの北東約250km沖合に墜落し乗員乗客159名全員が亡くなるという事故が起こり、47名の日本人も犠牲になりました。
ベル・マールのパブリックビーチにあるこの慰霊塔は、南アフリカ航空により、事故現場の方向を向いて建てられています。